TIMA Japanクオリティについて

TIMA Japanクオリティについて

TIMA Japanクオリティについて

main product

弊社が取り扱う全ての商品は第三者機関による有効性が
確認されたもので、サプリメントには要求されない
安全性試験までも行っています。
医学的な効果の証明(エビデンス)がある商品のみを
製造・販売致します。

安全性試験実施済み

通常、医薬品にのみ要求される安全性試験を2007年に株式会社イナリサーチ(安全性試験の受託会社。東証一部上場)に依頼し、 すべての試験で安全であると報告されています。

ラットにおける1週間反復投与における影響 イナリサーチ 試験番号:GL43080
ほ乳類培養細胞を用いる染色体異常試験 イナリサーチ 試験番号:BV07158
ラットにおける4週間反復経口投与毒性試験 イナリサーチ 試験番号:BV07156
細菌を用いる復帰突然変異試験(シスチンを除外) イナリサーチ 試験番号:BV07352

ヒト臨床治験実施済み

SUPALIVは基礎研究や動物実験、ヒト臨床治験などを行い、第14回日本抗加齢医学会や第12回日本機能性食品医用学会などで発表してきました。 またヒト臨床治験は株式会社アレグロ(臨床検査の大手株式会社BMLの子会社)に依頼して、2008年にウオッカとワインの飲用で二回に分けて行われております。 治験の結果はこちらです →治験結果

国際特許取得済み

SUPALIVとTwendeeに関連する多数の国際特許が取得済みもしくは申請中です。 特許協力条約(PCT)は、出願人が自身の発明について国際的に特許保護を求める際に役立ち、一つの国際特許出願を行うことで、同時に世界148ヶ国(英語版)で発明の保護を求めることが可能です。国際特許に関する詳細は以下を御覧ください。
→ 取得特許