TIMA財団の研究開発について

TIMA財団では、世界中で行われている医学研究開発のなかでも特に大手製薬会社が取り扱わない内容の研究を支援してきました。 今までにグリオーマ脳腫瘍の遺伝子治療、アルコールの健康被害を低減する研究、糖尿病を主とするメタボリックシンドロームの研究、 活性酸素種の抑制(アンチエイジング)、薬剤耐性ができない新しい抗菌薬の開発など多数のプロジェクトを支援して、 めざましい成果を上げてきました。これらの研究は主にTIMA Japanの犬房春彦の率いる研究チームの成果が元になっています。

研究協力機関

日本
  • 東京大学 農学部
  • 京都府立医科大学
  • 岐阜大学 生命科学総合研究支援センター
  • 岡山大学 脳神経内科
海外
  • レーゲンスブルク大学 放射線物理学教室[ドイツ・レーゲンスブルク]
  • フランス科学アカデミー[フランス・パリ]
  • リサンド[ドイツ・レーゲンスブルク]
  • サイアムセメントグループ[タイ・バンコク]
  • ニューキャッスル大学[英国・ニューキャッスル]
  • ICDD[フランス・ジェメノス]

岐阜大学生命科学総合研究支援センター抗酸化研究部門での研究について

岐阜大学生命科学総合研究支援センター抗酸化研究部門特任教授である犬房春彦が中心となり、 世界各国の抗酸化研究機関との連携を図りながら、世界に先駆けた研究開発を目指しています。

岐阜大学生命科学総合研究支援センター抗酸化研究部門

http://antioxidantres.jp/index.html

抗酸化研究部門での研究について

  • 糖尿病マウスを使って糖尿病の改善⇨糖尿病の予防と症状改善
  • 放射線による酸化ストレスの低減⇨放射線被曝の健康被害低減
  • 老化マウスの若返り⇨不老・アンチエイジング
  • マウスでアルコールの酸化ストレス低減⇨アルコール健康被害の低減
  • 癌細胞の増殖や転移の抑制実験⇨癌の治療や予防
  • 潰瘍性大腸炎マウスモデルでの治療:炎症性腸疾患の治療や症状改善

以下は共同研究

  • 睡眠時無呼吸症候群の治療につながるいびきの低減臨床治験(近日中に開始予定)
    (共同研究:京都府立医科大学 吉川敏一学長)
  • マウス脳梗塞の治療(すでに予備実験で効果が確認された)
    (共同研究:岡山大学脳神経内科 阿部康二教授)
  • 培養細胞を用いたミトコンドリアの保護作用の研究
    (共同研究:ICDD(フランス))
  • Twendee Xを用いた認知症の研究
    (共同研究:英国ニューキャッスル大学)

商品開発プロセス

当社のサプリメントの研究開発には長い年月と多大な研究開発費を要します。 有効性と安全性が確認できた商品のみを発売しています。

製造

TIMA Japanが製造・販売する商品は、有機JAS認定、ISO22000取得、日健栄協GMP認定の国内工場で、 生産から品質管理まで徹底した管理体制のもと運用されています。